▲ うどんの太さは中くらいかな。もちもちとした食感。どちらかと言えば柔らか目。


▲ 関西風のつゆを強調。そばは関西風と関東風を選べるようだ。
 
茂野麺紀行 第142回
そば処
「えきめんや 品川店」
(東京都千代田区神田


「えきめんや」は、京急品川駅の改札の中にある、いわゆる立ち食いそば店。
同店は京急関連が経営していて、京急の主要駅にあるチェーン店。
しかし、品川駅の店だけが突出して有名。
何故かと言うと、名前を忘れてしまったが、あるグルメのタレントさんが、都内の旨いうどん屋を挙げ、その五指にランクインしていたからだ。

店内に入る。割合広い。カウンタのところで、鴨肉うどんの食券を提示。時間帯が中途半端なのか、先客は2人だけ。そのうちのお一人は、私の直前に入っていて、ざるうどんのWだったかを注文して、それを受け取っていた。

ほほう。やはりうどんで正解だな。
しかも、冷たいうどんは旨そうだ。

壁にこのような(右の写真)ポスターが貼ってある。
やはりうどんがメインの店なのだろう。もちろんそばも扱っている。

5分程で出来上がり。

でもでも、鴨肉はイマイチだな。
スーパーなどでごくたまに奮発して鴨肉を買うことがある。
そのビジュアルとはまったく異なる。
こんなに淡い色じゃない。

ま、仕方ない。
考えてみれば480円でまともな鴨肉のうどんが食べられるわけがない。(笑)

案の定鴨肉は残念な味だった。
だがしかし、つゆは旨い。
色合いが薄くても決して味は薄くない。
むしろちょっとしょっぱいかな。関西風を狙っていても、やはり根底は関東なのだろう。
出汁は化調だとは思うが、いい線行ってると思う。

そして、うどん(麺)は・・・。
うん、立ち食い店レベルの味じゃない。
ちょっと突き抜けている感じ。

プルプルだし。

たぶんタピオカたっぷりなんだろうな。
ホンモノの噛みしめるくらいのコシの強いうどんとは異なるがこの位を好みとされている方も多い。むしろこの位のもちもちっとした食感が一般的に好まれているのかもしれない。私にはちょっとイマイチ。

あ、しかし、前述の通り、普通の立ち食い店でこのクオリティはあり得ない。十分美味しいのは間違いない。リピートもしたい。

2017.5.28 Zaki



そば処 えきめんや
港区高輪3-26-26
京急品川駅 1番線ホーム内
営業時間 :
[月〜金]  6:15〜22:30
[土・日・祝] 6:15〜21:30
* 食べログ情報

STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(10)
BACK
NEXT
鬼金棒(千代田区神田) 準備中

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



手折りラーメン3種類詰合せセット



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.