▲外観。大きな電光看板と、赤が印象的な外装、そして、手打ちをするところが見えるウィンドウという目立つ造りになっている。

▲ 麺を延ばしているところ。鮮やかな手つきだ。一度見ておくことをお薦め。


▲ 麺はさすがに打ち立てでとてももちもちしていて美味しい。色は殆ど白。
 
茂野麺紀行 第88回
手打ちラーメン 馬賊(東京都台東区雷門)

うだるような暑さの8月15日。つかの間の盆休みも実家に行き、墓参りをして終わってしまった。今日は野暮用で上野辺りに出かけたのを良い機会に、長年行きたかったのに、行けず仕舞だった「馬賊」に行くことにした。

同店は、もう十年以上も前から義弟がかなり評価していて、私にも薦めてくれていたラーメンの店である。しかも、珍しい手打ちラーメンなのである。

実は、何度か近くまで行ったことがある。確かこの辺りだと目星をつけたところが実は全然見当違いだった。今回はそんなことが無いように、きちんと下調べし、ネットから採取した地図をプリントアウトして携行した。これで間違いが無い。(笑)

確かに、表通りには面していないものの、実際に行ってみると、それほど難しい場所ではない。浅草通りの駒形一丁目交差点のすぐ裏手の路地にある。派手目の看板で今回は確実に目的地に到着した。住所からお察しのように、浅草寺の雷門からもさほど離れてはいない。

店に入ると、お客さんがひとりもいなかった。夕刻の6時半という中途半端な時刻だったからかもしれない。水を持ってきてくれたスタッフの女性に「お薦めは何ですか?」と訊ねる。すると、迷わずに「担々麺」と答えてくれたので、それにする。

待っている間にばしっ、ばしっと大きな音がする。あまりの凄まじい音に驚いた。なんとそれは麺を打っている音だった。私の座った席がちょうど打っているところが見えなかったので、立ち上がって、見学させて頂いていいかどうか尋ねると、快くOKを頂いた。屈強な職人さんが小麦粉の塊と戦っている。しかも、写真を撮っても良いということだった。

「どうせ撮るならいい男に撮ってください。」と、先ほどの女性。

職人さんは、両手を巧みに動かして、小麦粉の塊を延ばす。まるで綾取りをしているように、いや、マジックショーをやっているように、軽快に空中に踊らせていた。、私がちょっと見ている間に小麦粉の塊は、どんどん延びて、いつの間にか麺になっていた。不思議だ。実に面白いものを見させて頂いた。

そうしているうちにまるでどんどん潮が満ちてくるように、お客さんが入りだした。店の中には私を含めて10人程度になった。殆どの人が担々麺を注文している。または、餃子も頼んでいる。そして私の担々麺が運ばれてくる。まさに打ち立ての麺を使った担々麺である。なにかとても崇高なもののように感じる。

いい香だ。ゴマの香りよりも香辛料の香が先に立つ。色はどちらかと言えば、一般的な担々麺よりも黒っぽい。ひと口スープをすする。見た目通り、スパイシーな味わい。そして旨味がある。最近流行りのどろっとした担々麺ではなくサラサラしたタイプである。辛さは、ぴりっとしているけれど、それほどではなく、冷房の効いた店内では額に薄らと汗をかく程度だ。

麺は非常にモチモチしている。打ち立てというのもあるので、見事に弾力がある。美味しい。色はほぼ白で、かんすいも入っていないので、通常の中華麺とは大きく異なる。いや、この麺こそが他店との大きな差別化になっているのだ。具も申し分ない。たっぷりと入っている。普通盛りで十分満足だった。

店を出た後、雷門から仲見世を通って、浅草寺にお参りに行く。盆休み中ということもあって、午後7時を少し回った時間帯なのに、人は少な目だった。


左: アプローチは、都営浅草線の浅草駅。地上に出てすぐのところから、スカイツリーを見る。連日のかんかん照りがなぜか本日だけどんよりしていて、午後6時15分頃でこの暗さ。スカイツリーはまだライトアップされていない。
中: 松屋デパートが最近ライトアップするようになってからこの界隈の雰囲気がぐっと良くなった。
右: 浅草寺の本堂。人が少なかったので、ゆっくりとお参りできた。


手打ちラーメン
馬賊
台東区雷門2-7-6 豊田ビル1F
TEL: 03-3841-6002

営業時間
11:15〜20:30

年中無休

ラーメン 600円
みそラーメン 700円
ネギラーメン 800円
担々麺 800円
チャーシューめん 900円
つけ麺 600円
担々つけ麺 800円
馬賊つけ麺 1,100円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(6)
BACK
NEXT
金久衛門ラーメン(大阪市北区曾根崎) 蒙古タンメン(東京都板橋区常盤台)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ

手折りラーメン3種類詰合せセット 茂野麺紀行トップページ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.